FC2ブログ

ジゴキシン250mcg


ジゴキシン250mcg


ジゴキシン250mcg


ジゴキシン250mcgは強心配糖体と呼ばれる心臓の働きを増強する作用を持つ薬剤です。一般名はジゴキシンです。国内ではジゴキシン錠として、0.125mg、0,25�rの錠剤が承認され、処方されています。心臓が充分に動かなくなる事で全身に血液を送りだす事ができなくなり、うっ血性心不全という重篤な疾患がおこります。ジギタリスは、心筋細胞に働きかけて心筋の収縮力を増大させる作用を持つ薬剤です。心筋の収縮力が増すことで、動かなくなっていた心臓を動かす事ができます。また迷走神経に作用して神経の興奮を鎮め心拍数を減少させます。心房から心室への興奮の伝達を妨げ、心臓の疲労と興奮を減らす作用も持ちます。ジギタリスはこのような作用で心臓の活動を正常にし、心筋の働きを強めることでうっ血性心不全を改善することができます。

ジゴキシン250mcg

スポンサーサイト



ハートガード(心血管)|オーガニックインディア


ハートガード(心血管)|オーガニックインディア


ハートガード(心血管)|オーガニックインディア


ハートガード(心血管)は、心臓の健康をメインに、健康・若さの維持を助けてくれるアーユルヴェーダサプリメントです。
有効成分としてアルジュナ・リーサ・モリンガなどの優れた効能を持つ天然ハーブが配合されております。これらのハーブは古代から心臓の薬や万能薬として重宝されてきました。

ハートガードの主な作用は抗酸化作用です。フリーラジカルによるダメージから心臓を守って強化し、血液に栄養を与え、血液循環を改善する効果が期待できます。抗酸化作用は体内の細胞を若返らせ、老化を防止します。
血中脂質を正常化する作用も持ち合わせているため、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防にも有効です。

ハートガード(心血管)|オーガニックインディア

イバビッド(イバブラジン)5mg


イバビッド(イバブラジン)5mg

イバビッド(イバブラジン)5mg


イバビッド5mgは、慢性心不全の治療薬です。

先発品Corlanorのジェネリック医薬品として製造・販売されています。

有効成分イバブラジンは、日本でも現在承認申請中の新薬であり、新しい機序で慢性心不全を治療することができます。

2018年12月27日に小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:相良暁)が「洞調律下での安静時心拍数が75回/分以上の慢性心不全」の効能・効果で国内製造販売承認申請を行っています。

日本ではまだ承認されていませんが、世界中では多くの患者に使用されています。

イバビッド5mgは、有名な製薬企業であるAbbott(アボット)社によって製造・販売されています。

アボットの本社はアメリカ・イリノイ州シカゴ郊外にあるアボットパークにあります。

海外の様々な国や地域にも拠点を置き、日本にもアボットジャパン株式会社として存在しており、多くの医薬品を日本で製造・販売しています。

イバビッド5mgも、そんなアボット社が製造する医薬品の1つであり、強力な治療効果を得ることができます。

イバビッド5mgは心不全の治療に用いられます。

心不全とは、なんらかの心臓機能障害が生じて心ポンプ機能の代償機転が破綻した結果、呼吸困難・倦怠感や浮腫が出現し、それに伴い運動耐容能が低下する臨床症候群と定義されています。

慢性心不全は、心不全の状態が慢性的に続くものであり、国内での慢性心不全の患者数は2020年には120万人に達すると推計されています。

慢性心不全の患者さんでは、心臓が十分な血液量を拍出できないことを補うために心拍数が高くなる傾向にあり、それが長期にわたり継続すると心臓にさらに負担がかかります。

また、高い心拍数は慢性心不全患者の予後に悪影響を及ぼすと考えられています。

イバブラジンは、既存の慢性心不全治療薬を服用しても心拍数が高い患者さんに対して、新たな治療選択肢の1つとなることが期待されます。

イバビッド(イバブラジン)5mg

リシノプリル2.5mg


リシノプリル2.5mg


リシノプリル2.5mg


リシノプリルは高血圧の症状を改善する薬剤です。一般名はリシノプリルです。国内の同成分の医薬品には、ゼストリルがあります。

リシノプリル2.5mg

カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


カンデサルタンシレキセチル32mg90錠


人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。
レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン�Uに変換され、このアンジオテンシン�Uがアンジオテンシン�U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン�U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン�U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

カンデサルタンシレキセチル32mg90錠




カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


カンデサルタンシレキセチル16mg90錠


人の血圧の調節にはいくつもの機構がありますが、腎臓にはレニン・アンジオテンシン系という体内の水分とナトリウム(塩分)のバランスを保とうとする調節機構があります。体内の水分や塩分が足りないと腎臓の傍糸球体からレニンという酵素を分泌して、血管を収縮させ、塩分の吸収を促し、逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑えて、汗や尿として塩分を体外に排出させます。塩分や水分が増加すると血圧が高くなることから、このレニン・アンジオテンシン系は血圧に大きく関わっています。

レニンそのものには血圧を上げる作用はなく、血中のアンギオテンシノーゲンにレニンが作用してアンギオテンシンIがつくられ、さらに、アンギオテンシン変換酵素(ACE)によりアンギオテンシン�Uに変換され、このアンジオテンシン�Uがアンジオテンシン�U受容体に結合すると血圧が上昇します。 カンデサルタンシレキセチル16mgはアンジオテンシン�U受容体拮抗薬(ARB)に分類される薬で、アンジオテンシン�U受容体に拮抗して作用そのものを抑えて血圧を下げます。ARBは臓器保護作用が優れることから現在よく使われています。

カンデサルタンシレキセチル16mg90錠

最新記事
カテゴリ
検索フォーム